Skip to main content

山梨県視覚障害を考える会 

     私たちができることはないか考えよう Since 2011.1.20

ホーム  山梨県視覚障害を考える会とは  くらしの情報集  Functional Vision Score資料  お問い合わせ  サイト マップ  メンバーのログイン  リンク  更新履歴  ダウンロード   
はじめに
全人に対するインパクト
医師の裁量は許されるのか?
英国の制度から学ぶ
インペアメントとディサビリティ
WHOの統計にも則している
ロービジョンの定義
1mロービジョンチャートを用いる
日本の視力等級とFAS
よい方の眼か加重平均か
日本人の標準視野
GoldmannIII4eと相応する静的視野
Colenbranderの静的視野の考え方
Colenbrander-KamoFVS計算シート
中心暗点ルール
神経眼科的問題点
ICDコード
FVSとリハビリテーション
FVS とQOLに関する論文集
VFS測定のためのオーバーレイ
第66回臨床眼科でのFVSインストラクションコース
FAQ集
第1回FVS基礎と発展学習会151120
第2回FVS基礎と発展学習会160825
FVSはどの国で使われていますか?
FVS研究会へのお問い合わせ

About field stimuli                  

 

I did not invent the equivalence of Goldmann III4e and Humphrey 10 dB. That equivalence had long been established and the III4e isopter had long been established as the criterion for “legal blindness”.

私はGoldmannIII4eHumphrey10dB の等価性については私が発明したのではない。等価性はもう長く確立されていて、III4eのイソプターが「法的盲」のクライテリアとしてずいぶん長くつかわれている。

A Dutch study once found that changing from a III4e stimulus to IV4e would increase the FVS field score by about 20 points. But this may not hold in another setting with patients with different (このあと何も書かれていません。)

オランダの研究でIII4eからIV4eに刺激を変えるとFVSのスコアが20ほど増えるのを発見したのを読んだことがある。しかし、これは患者が他のセッティングで他のイソプターでしたとしても同様に(スコアは変わるであろう。)

The Humphrey (now Zeiss) algorithms were developed for the diagnosis of disease, not for predicting the consequences. For glaucoma diagnosis especially, the relative local losses in the Bjerrum area are significant. Testing outside 30-2 or 24-2 adds little information, relative to the effort of obtaining it.

ハンフリー(今はZeiss}のアルゴリズムは、疾患の診断のために開発され、その結果を予測するためではない。特に緑内障の診断のためには、Bjerrum領域の比較局所暗点が有意である。30-224-2の外をテストすることは、その努力に対して、ほんの少しの情報しか付け加えることができない。

With regard to the consequences, for mobility the far peripheral limits for large stimuli are more significant than the relative scotomata in the mid periphery; but the current static algorithms are not made for this determination. I often state that to predict mobility problems, a simple confrontation field for hand movements can be more informative than a high-tech static field. But to follow the progress of a case of glaucoma, the confrontation field is of no use at all.

結果に関しては、移動に関して、最周辺の大きな刺激が中間周辺部の比較暗点より、重要である。しかし、現在の静的アルゴリズムはこの目的のためには作られていない。私はしばしば移動の問題には、手を動かすことによる簡単な対面視野が、ハイテクの静的視野よりも大きな情報を与えてくれる。と述べている。しかし緑内障のケースの進行をフォローするのには対面視野テストは全く役に立たない。 

The central field is important for its interaction with reading. Here, scotomata close to fixation are important. This is why I placed the closest circle of stimuli at 1 degree from fixation (also the sequence 1-3-5-7-9 is easy to remember). I did not base this on the capabilities of the Humphrey, but rather on SLO findings and micro-perimetry. To me theoretical validity and a simple pattern of test points were the most important; I hoped that the equipment to measure it would follow later.

中心視野は読書との関係で重要である。ここでは、固視点付近の暗点が重要である。この理由で、私は固視から1度離れたところに最も近い刺激の円を置いた。(また1-3-5-7-9度に置いたのは、覚えやすいからである。)これはHumphreyの可能性を考慮しておいたわけではない。むしろSLOmicroperimetryの方にふさわしいかもしれない。私にとっては理論的なバリディティやテスト点の簡単なパターンの方がより重要である。私はそれを測定する装置は次いで出てくることを期待している。

There is a theoretical difference between the detection of static stimuli (Humphrey) and the detection of moving stimuli (Goldmann). These may be significant in certain cases of acquired or congenital brain injury, but I have never seen studies that showed their significance in disability determinations.

静的刺激(Humphrey)と動く刺激の検出(Goldmann)の間の理論的差異はある。これらは後天性、先天性の脳外傷のケースでは顕著であるかもしれない。しかし、障害者認定でその有意差を示した研究を私は見たことがない。

I hope that this answers your questions for now.あなたの質問にこれらの答えがなっていることを望む。

 

2009/7/15