Skip to main content

山梨県視覚障害を考える会 

     私たちができることはないか考えよう Since 2011.1.20

ホーム  山梨県視覚障害を考える会とは  くらしの情報集  Functional Vision Score資料  お問い合わせ  サイト マップ  メンバーのログイン  リンク  更新履歴  ダウンロード   
はじめに
全人に対するインパクト
医師の裁量は許されるのか?
英国の制度から学ぶ
インペアメントとディサビリティ
WHOの統計にも則している
ロービジョンの定義
1mロービジョンチャートを用いる
日本の視力等級とFAS
よい方の眼か加重平均か
日本人の標準視野
GoldmannIII4eと相応する静的視野
Colenbranderの静的視野の考え方
Colenbrander-KamoFVS計算シート
中心暗点ルール
神経眼科的問題点
ICDコード
FVSとリハビリテーション
FVS とQOLに関する論文集
VFS測定のためのオーバーレイ
第66回臨床眼科でのFVSインストラクションコース
FAQ集
第1回FVS基礎と発展学習会151120
第2回FVS基礎と発展学習会160825
FVS研究会へのお問い合わせ

等級の色分けで迷ったところは、現行の「視力0.01に満たないもののうち。明暗弁のもの、または手動弁のものは視力0として計算し、指数を弁ずるもの[50cm以下]0.01として計算する。のところです。

(は中央法規からでている身体障害認定基準のP92の表をみながら色分けしました。今後logMAR視力表の導入があることを考えるとここを議論する必要がありそうですが、FASでは0.01以下は0となっていることを受けて、0.01未満は0として区分けしてみました。参考資料

 この定義では、 FAS

   等級 1 0-7

    2: 15-6

    3: 34.211.4

    4: 43.223.4

    5: 5038.2

    6: 74.240.8

という分布になります。

 
 
0.6以下の早見表
をご覧ください。
0.6の視力がで6級と認められる一部の欄はWHOではlow visionと認めていません。
Class2, moderate vision lossには6級が入っています。
Class 3a,Severe vision lossは3-5級が入り乱れています。
Class 3b,Profound vision lossは2-4級
Class4はNear)Total blindnessも1-4級になります。
これは説得力のある表かと思います。
0.6を入れたのは免許基準を考慮したものと考えられ、
むしろ、多くの国のように、免許基準を0.5としてもよいのかもしれません。