Skip to main content

山梨県視覚障害を考える会 

     私たちができることはないか考えよう Since 2011.1.20

ホーム  山梨県視覚障害を考える会とは  くらしの情報集  Functional Vision Score資料  お問い合わせ  サイト マップ  メンバーのログイン  リンク  更新履歴  ダウンロード   
はじめに
全人に対するインパクト
医師の裁量は許されるのか?
英国の制度から学ぶ
インペアメントとディサビリティ
WHOの統計にも則している
ロービジョンの定義
1mロービジョンチャートを用いる
日本の視力等級とFAS
よい方の眼か加重平均か
日本人の標準視野
GoldmannIII4eと相応する静的視野
Colenbranderの静的視野の考え方
Colenbrander-KamoFVS計算シート
中心暗点ルール
神経眼科的問題点
ICDコード
FVSとリハビリテーション
FVS とQOLに関する論文集
VFS測定のためのオーバーレイ
第66回臨床眼科でのFVSインストラクションコース
FAQ集
第1回FVS基礎と発展学習会151120
第2回FVS基礎と発展学習会160825
第3回FVS研究会170519
FVSはどの国で使われていますか?
FVS研究会へのお問い合わせ

Overlays for Conversion of Goldmann Visual Field Spots

Goldmann視野プロットから変換のためのオーバーレイ

Overlays for Conversion of Goldmann Visual Field Spots

はじめに General

Goldmannプロットはイソプターを示す。これらは特定の刺激が見ることができる面積のアウトラインである。AMAの視野の障害級付にはIII4e刺激が見える面積に基づいている。

 刺激が見える面積は刺激のサイズや明るさに依存する。より大きな刺激ではより大きな面積がメイル。診断のためには、いつくかのイソプターを用いるのが普通である。AMAの計算には、III4eのイソプターのみが適切である。他のイソプターは無視すべきである。

 もしより小さなイソプターがプロットされると、AMAの級は計算できなくなる。なぜなら、刺激が減少することによって、どの程度にでも視野喪失は大きくなる可能性があるからである。

 

もしより大きなイソプター(IV4eまたはV4e)がプロットされると、結果はIII4eイソプターと比較して過小評価されるからである。その違いはひとによっても異なり、それほど有意でないこともある。ある研究29では20VFSポイントの平均差はIII4eV4eの間にあったとされる。

インストラクション Instructions

 Goldmann視野をオーバーヘッドプロジェクターに用いられるアセテートのシートにコピーしなさい。これを二回すること。これをオーバーレイと呼ぶ。


 (OHP用紙にコピーするための型紙が便利です。Colenbranderの文字が見える面を使うと消耗を防げます。)


1.右眼のGoldomannプロットの上に一枚のオーバーレイを載せる。

2.Dry-erase または同様のマーカーを用いて、III4eイソプターの外側をスラッシュ ()でマークしなさい。もし、このイソプターの中に盲点があれば、盲点の内側をマークしなさい。見えた点の数(マークされていない)が右眼のVisual Field Score(VFS)となる。小さな点(small dot)50、黒いドット(closed dot)50あるので簡単に計算できる。(60度を超えた)丸(open dot)が見えたときは、これらもVFSに加える。

3.もう一枚のオーバーレイを左眼のGoldmann プロットの上に載せなさい。

4.同様にIII4eイソプターの外側を今度はバックスラッシュ(〵)でマークしなさい。もし、このイソプターの中に盲点があれば、盲点の内側をマークしなさい。見えた点の数(マークされていない)が右眼のVisual Field Score(VFS)となる。

5.2枚のオーバーレイを重ねるとダブルマーク(X)になったところは、見えていない点となる、これらが両眼で見えない点となる。ひとつだけのスラッシュ(〳または〵でもう片眼では見えている)の部位は両眼で見えていないとは考えられない。両眼で見えている点を計算しなさい。

6Functional Field Score(FFS)を得るために、その人の見えた点の加重平均を計算しなさい。

(OD+OS+3xOU)/5=______

100からこの数を引くと視野障害率を求めることができる。

7.このダイアグラムのコピーをとりなさい。もしdry-erase markerを用いれば、アセテートを拭くことで何度も使うことができる。

1210を参照のこと。

1210