Skip to main content

山梨県視覚障害を考える会 

     私たちができることはないか考えよう Since 2011.1.20

ホーム  山梨県視覚障害を考える会とは  くらしの情報集  Functional Vision Score資料  お問い合わせ  サイト マップ  メンバーのログイン  リンク  更新履歴  ダウンロード   
はじめに
全人に対するインパクト
医師の裁量は許されるのか?
英国の制度から学ぶ
インペアメントとディサビリティ
WHOの統計にも則している
ロービジョンの定義
1mロービジョンチャートを用いる
日本の視力等級とFAS
よい方の眼か加重平均か
日本人の標準視野
GoldmannIII4eと相応する静的視野
Colenbranderの静的視野の考え方
Colenbrander-KamoFVS計算シート
中心暗点ルール
神経眼科的問題点
ICDコード
FVSとリハビリテーション
FVS とQOLに関する論文集
VFS測定のためのオーバーレイ
第66回臨床眼科でのFVSインストラクションコース
FAQ集
第1回FVS基礎と発展学習会151120
第2回FVS基礎と発展学習会160825
FVSはどの国で使われていますか?
FVS研究会へのお問い合わせ

「片眼 0 と両眼同等の視力のときのFAS との関連 

Q.視力はベターアイ(視力良好眼)で代表させるのでよいのではないか?

A.ベターアイ(極端にいえば、片眼0の場合)と両眼同等の視力の場合のFASがどうなるのか気になりました。

両眼等しい場合は、その視力のVAS値がそのままFASになります。

 xを両眼等しいときのFASyを片眼を0としたときのFASとすると、以下のような式になり、当然相関はよく、片眼0のときは、両眼見えている時よりもFAS値は低くなります。

y = 0.7898x + 0.5898
R
² = 0.9992

 両眼0.6の人が加重平均だとFAS89ですが、 片眼0として計算すると71.2とロービジョンの区分に入ってしまいます。さらにFFSと掛け合わせるとより小さなFVSが生まれることになり、自分の視機能を低く見積もってほしい人には好都合ですが、

 厚労省にとっては、いわゆるロービジョン者が増えすぎ、予算配分に問題がおきるのではないかと思われます。 

 better eyeはたしかにWHOのホームページには書かれていましたが、これは発展途上国のスクリーニングのために簡略化されたもので、日本では加重平均くらいはできるのではないかと考えます。

 そして、何より両眼視力を評価することによって、たとえば代償されない複視のある人の両眼視力はおそらく下がっているでしょうから、今まで障害と評価できなかった人が評価できるのではないかと思います。」

 

追記:

FVSでは

視力はFunctional Acuity ScoreFAS)

Visual Acuity ScoreVAS)からつくります。

VAS100+50x log(少数視力)

であらわします。

小数視力1.0のときVAS100 

      0.1のときVAS50

     0.01のときVAS=0

となります。

0.010としてしまうのは、0.01以下ではもう視力に頼った読解はできないからです。

加重平均にするのは両眼視力を重視し、しかも、片眼視力の欠損を無視しないためです。

FAS60VASou+ 20%VAS od+20%VASosであらわされます。(ou=両眼、od=右眼、os=左眼)

 

 

複視をどう扱うかは難しい問題で、

1.片眼がなくなったとすると

(よい方の眼の視力を1.0として片方を覆ってみればない0

視野のスコアよいほうの眼を100として計算すれば)

FAS1000.6+1000.2+080

FFS= 100x0.6+100x0.2+080

FVS8080/10064で(Class2moderate vision loss)となります。

 

2.右、左、両眼の視力と視野を測り、両眼開放の視力および、GoldmannIII4eで単一に見える範囲を測る方法ですると、全体のスコアがさがるのではないかと思います。

たとえば右眼1.0 左眼1.0 だが、両眼では0.1,

VASou=50 VASod=100, VASos=100

 

Visual Field Score(VFS)Ou= 10, VFSod=100,VFSos=100であれば

FAS= 0.6x50+ 0.2x100 +0.2x100 =30+20+20=70

FFS=0.6x10+0.2x100+0.2x100=6+20+20=46

FVS=70x46/100=32.2 (Class3asever vision lossに入る

と低くなる可能性もあります。

 

また、さらに複視、立体視障害でFunctional Vison ScoreFVS)から15点まで引くことができます。