Skip to main content

山梨県視覚障害を考える会 

     私たちができることはないか考えよう Since 2011.1.20

ホーム  山梨県視覚障害を考える会とは  くらしの情報集  Functional Vision Score資料  お問い合わせ  サイト マップ  メンバーのログイン  リンク  更新履歴  ダウンロード   
岡山県視覚障害を考える会からの言葉
はじめに
1.ロービジョンクリニック
2.身体障害者手帳
3.身体障害者手帳を必要とする制度
3-1 障害者総合支援法
3-1-1 家事の支援
3-1-2 外出支援
3-2 自立支援医療
3-3 重度心身障害者医療費助成制度
3-4 補装具費の支給
3-5 日常用具の支給
3-6 盲導犬の貸与と医療機関での受け入れ
3-7 税金の控除
3-8 公共料金の減免
3-9 運賃の割引
3-10  駐車禁止除外車両の指定など
3-11 選挙
3-12 心身障害者扶養共済制度
3-13 一部の市町村にある制度
4-1 障害年金
4-2 特別障害給付金制度
4-3 労働保障の年金制度
5 難病 New!
6 介護保険を利用する
7.障害児手当など
8 生命保険特約
9 保育と教育
10 職業と就業
11 日常生活訓練
12 パソコンの利用
13 レクレーション スポーツ
14 視覚障害者のための県内施設
15 視覚障害者の団体
16 視覚障害者を支援する団体
17 日用品とパソコン
18 情報の入手
19. 災害に備えて
20. 障害者に対する法律
21 相談のできるところ
付表
付表1 補装具
付表2 相談の窓口
付表1 障害児・者の利用者負担
付表2 補装具の購入費と修理費
付表3 自立支援医療費の自己負担額
付表4
付表4-1 一般的な相談窓口
付表4-2 就労関係
付表4-3  教育関係
付表4-4 保健機関
付表4-5 身体障害者相談員

3-5 ○ ☆日常生活用具の給付・貸与

日常生活の利便を図るために日常生活用具の給付を行なっています。

1)対象者

身体障害者手帳(視覚障害)取得者

及び、難病患者

2)費用の自己負担

・希望する用具の価格が基準額以内なら、価格の1割が自己負担です。

・価格が基準額を超える場合は基準額との差額は自己負担になります。

・所得によって自己負担の上限があります

3)窓口:市町村役場の障害福祉担当

4)視覚障害者向けの種類と基準額の例

表5 視覚障害者向けの日常生活用具の種類と基準額の例

種類

対象者

基準額

耐用年数

火災警報器

障害等級2級以上(火災発生の感知及び避難が著しく困難な障害者のみの世帯)

15,950

8

自動消火器

障害等級2級以上(火災発生の感知及び避難が著しく困難な障害者のみの世帯)

29,520

8

電磁調理器

視覚障害2級以上(盲人のみの世帯及びこれに準ずる世帯)

42,180

6

歩行時間延長信号機用小型送信機

視覚障害2級以上

12,000

10

盲人用体温計

視覚障害2級以上(盲人のみの世帯及びこれに準ずる世帯)

9,000

5

盲人用体重計

視覚障害2級以上

18,000

5

情報・通信支援用具

視覚障害2級以上

102,860

6

点字ディスプレイ

視覚障害及び聴覚障害の重度重複障害者(原則視覚障害2級以上かつ、聴覚障害2級)

383,500

6

点字器(標準用・金属製)

視覚障害

10,400

5.7

点字器(携帯型)

7,200

5.7

点字タイプライター

視覚障害2級以上(就労もしくは就学しているか又は見込まれる方)

63,100

5

ポータブルレコーダー録音再生

視覚障害2級以上

92,370

6

同上 再生のみ

48,000

活字文書読上げ装置

視覚障害2級以上

115,000

6

拡大読書器

視覚障害者

203,660

8

物品識別装置

視覚障害2級以上

41,040

6

盲人用時計

視覚障害2級以上

触読式

10,300

音声式

13,680

10

視覚障害者用図書(点字図書、大活字図書、DAISY図書)

視覚障害者

原本の定価を差し引いた額

注意

・購入前に申請が必要となります。購入後となると支給対象外となります。

・用具にはそれぞれ耐用年数が決められていて故障や修理の時の対応の目安として下さい。

・指定されている用具や基準額はひとつの例なので、正確なことはそれぞれの市町村窓口で確認が必要です。

(5)種類の説明

・情報・通信支援用具

パソコンの障害者用ソフトと周辺機器のことで、1回に複数の品物をまとめて購入でき、基準額は購入合計金額の上限となる。点字ディスプレイや点字プリンターを含むと基準額(*)は300,000円となる

・視覚障害者用ポータブルレコーダー

本などを録音したCD(デイジー図書という)を聞いたりCDに録音したりするための器械で、今後、録音図書はテープに代わってCDが多くなる

・視覚障害者用拡大読書器

上向きに置いた印刷物や用紙をビデオカメラで写しテレビに拡大して映し出す装置。テレビ台とカメラが一体の据え置き型と、テレビ台はなく小型カメラをテレビにつなぐものや、カメラと小型液晶画面が一体になった可搬型がある。品物によっては画面を見ながら署名や簡単な文を書くこともできる

・視覚障害者用活字文書読上げ装置

文章をパソコンで特殊な記号に変えて印刷したものを読み上げる装置。

・点字図書

雑誌を除く図書を、年間に6タイトル、合計24巻まで利用できる。点字図書と普通図書の価格の差が給付対象となる