Skip to main content

山梨県視覚障害を考える会 

     私たちができることはないか考えよう Since 2011.1.20

ホーム  山梨県視覚障害を考える会とは  くらしの情報集  Functional Vision Score資料  お問い合わせ  サイト マップ  メンバーのログイン  リンク  更新履歴  ダウンロード   
視覚補装具判定医師研修会
ロービジョン検査料
過去の他施設からのご案内
障害者差別解消法案

 


ようこそ、山梨県視覚障害を考える会 へ


 

ホームページの内容:

 

 山梨県版 くらしの情報集 の目次


  •  山梨県視覚障害を考える会とは

  • FACEBOOK ご利用ください。https://www.facebook.com/pages/%E5%B1%B1%E6%A2%A8%E7%9C%8C%E8%A6%96%E8%A6%9A%E9%9A%9C%E5%AE%B3%E3%82%92%E8%80%83%E3%81%88%E3%82%8B%E4%BC%9A/128853147278810
  • ra

  •  






    奇数月の第3木曜の午後6時から8時まで甲府共立病院南館カンファランスルームで

    Low Vision Rehabilitation: A Practical Guide for Occupational Therapists Second Edition Edition 勉強会および、

    症例検討会を 開催しています。

    英語の教科書ですが、大変勉強になります。ご興味のある方は問い合わせメールからご連絡ください。
    ㋄はSelf care, House management
     7月は6章Psychological and Cognitive Issues のところ振り分け、
    遅くになるかたは1900から5章のOptics of Lenses, Refraction, and Magnification


    次回予告

    13回視覚障害者のための社会適応訓練講習会

    「視覚障害スポーツの視機能判定・ヨガの実践」

    主催:山梨県視覚障害を考える会

         共催:公益社団法人日本眼科医会     

      後援:日本ロービジョン学会、山梨県

     

    日時:平成281022(土曜) 

    1810分時開場 1820分開演

    場所:山梨県立図書館 多目的ホール (〒400-0024 甲府市北2-8-1

    対象:どなたでも

    会費:無料 

       司会 吉田朋子 (山梨県立盲学校 教諭) 原田亮(甲府共立診療所 視能訓練士)

    1820分 開会の辞 会長 

    182555分 視覚障害スポーツの視機能判定(当事者と支援者の立場から)

     座長 田辺直彦(田辺眼科副院長)

    大野建治(上野原市立病院眼科部長)

     質疑応答1855分~1905

                 休息15

    1920分~2040分 チャレンジドヨガ~視覚障害者の方のヨガ 

    座長 加茂純子(甲府共立病院眼科科長)

    高平千世(チャレンジドヨガ主催)アシスタント 園原ハルカ(スタジオate

    動きやすい上下の服装(着替えのTシャツなど) 

    裸足に抵抗がある方は五本指ソックス(滑り止めがついてると安全です)

    スポーツタオル(少し長めのタオル) 

    お水

    *マットはこちらでご用意できます。事前にご連絡ください。

    着替え場所はトイレくらいしかないので、はじめから上記のような服装でいらしてください。

     

    問い合わせ・申し込み先

    事務局: 田辺眼科(担当事務 不明な点は田辺直彦まで)

     電話055-278-0001 FAX 055-278-0002

     E-mail tanabe@yamanashi.ac.jp

    ※メールもしくは電話、FAXにて1022日の会に出席希望と明記の上、

    お名前、出席人数、連絡先(電話番号もしくはmail address)を書いてご連絡ください。

    最新情報は山梨県視覚障害を考える会ホームページに掲載されます。

    http://mayeyeclinic.sharepoint.com/Pages/default.aspx

     



     

      Life is either a daring adventure or nothing.(Helen Keller)
      人生は恐れを知らぬ冒険か、無のどちらかである。( ヘレン・ケラー
      )

                    

       

    All rights reserved