Skip to main content

山梨県視覚障害を考える会 

     私たちができることはないか考えよう Since 2011.1.20

ホーム  山梨県視覚障害を考える会とは  くらしの情報集  Functional Vision Score資料  お問い合わせ  サイト マップ  メンバーのログイン  リンク  更新履歴  ダウンロード   
はじめに
全人に対するインパクト
医師の裁量は許されるのか?
英国の制度から学ぶ
インペアメントとディサビリティ
WHOの統計にも則している
ロービジョンの定義
1mロービジョンチャートを用いる
日本の視力等級とFAS
よい方の眼か加重平均か
日本人の標準視野
GoldmannIII4eと相応する静的視野
Colenbranderの静的視野の考え方
Colenbrander-KamoFVS計算シート
中心暗点ルール
神経眼科的問題点
ICDコード
FVSとリハビリテーション
FVS とQOLに関する論文集
VFS測定のためのオーバーレイ
第66回臨床眼科でのFVSインストラクションコース
FAQ集
第1回FVS基礎と発展学習会151120
第2回FVS基礎と発展学習会160825
FVS研究会へのお問い合わせ

0.1以下が法的盲となり、0.3未満が盲教育を受けることができることだけです。

WHOでは小数視力0.05 logMAR1.3 までがlow visionのようです。以下はBlindnessとなっています。 

 Colenbranderは社会保障をどの区分でするかは行政が決めればよいことで、われわれ眼科医はどのくらいの視力、視野ではどの程度の補助具が必要だという区分を作ればよいのだと繰り返し言っています。

 これについても

Vis_Standards_ICO_2002に書かれていますので、今一度復習お願いします

Colenbranderによる回答

This is a good question. It depends on your point of view and on what criteria you use. So there is no quick and simple answer.

これはよい質問である。それはあなたの見解とどのクライテリアをあなたが使うかによる。だからこれには早くて簡単な答えはない。

As an advocate for vision rehabilitation, I consider vision loss as a challenge that can (at least partially) be overcome.

視覚リハビリテーションの提唱者として、私は視覚喪失は打ち勝つことのできる(少なくとも部分的には、)挑戦であると考えている。

Disability advocates, on the other hand, consider it as a condition that gives you certain entitlements. Those entitlements should be protected.

一方障害は、あなたに一定の権利を与える状態であると考える。権利は守らなければならない。

The ICO (2002) has suggested that the term “blindness” be used only for people with no vision or with so little vision that they have to rely mainly on vision substitution (blind skills). Such as cane, Braille, talking books, etc.

2002年のICOは「盲」はまったく視覚がないか、ほとんど視覚がないために視覚代替え(盲のスキル:白杖、点字、話す本など)に主に頼らなければならない状態であることを示唆した。

The term “Low Vision” should be used for people who have residual vision that can be enhanced by vision enhancement (large print, magnifiers, illumination, filters, etc.).

These are functional, rather than numerical definitions.  

ロービジョンという言葉は視覚の強調(大活字、拡大鏡、照明、フィルターなど)によって強調される残存視力をもつ人々に使われる。

 

The WHO defines “blindness” as less than 20/400 (0.05). Yet, even at that level people still have residual vision. I therefore prefer the term “Profound Low Vision”.

WHOは「盲」を0.05未満と定義している。しかしそのレベルであっても人々はまだ少し視覚が残っている。私はそれゆえ「深刻(深い)なロービジョン」という語を好んで用いる。

The US has the most liberal definition of “Legal Blindness” of any country (20/200 or less).

I much prefer the term “Vision Loss” over the word blindness, because vision loss (or visual impairment, or low vision) can be used with modifiers (mild, moderate, severe, profound, total), while the word blindness cannot be used with modifiers. One cannot be mildly blind or moderately blind.

米国ではどの国よりもリベラルな定義である「法的盲20/200以下」を有する。私は「盲」という言葉より、「視覚喪失」という言葉を好む。なぜなら、視覚喪失(視覚インペアメント、またはロービジョン)は形容詞(軽度、中等度、重度、深刻な、まったくの)がつけられるからである。一方盲という語は形容詞のつけようがない。軽く盲とか中等度に盲という言い方はない。

If the term “Low Vision” is used to denote problems performing activities of daily living, I am most comfortable with the WHO definition (20/60, 0.3 or less).

もし「ロービジョン」が日常生活の活動を実行するのに問題が起こることをさすのにつかわれるならば、私はWHOの定義(20/60, 0.3未満)とするのが心地よい。

If the term “Low Vision” is used to denote any societal problems due to vision, then the definition of 20/40 (0.5) or less is often used. This is particularly true for the US and some countries such as Australia, because moving the blindness criterion from 20/400 to 20/200 is also an incentive to move the low vision criterion up, as has been done in the two publications you cited.

もし「ロービジョン」が視覚によって社会的な問題が起こることに用いられるならば、定義は20/40(0.5未満)がしばしば用いられる。

The fact that 20/40 is commonly used as a driver’s license requirement is often used as an argument. However, should the criterion than be 20/70 in states that have that limit for driving? Or should it be moved to 20/20 for those who want a pilot’s license, for which the criterion is 20/20?

20/40は運転免許要求にしばしば用いられるので、しばしば論争になる。しかし定義が20/70になる州があるだろうか? またはパイロットの免許のように20/20に移動するような州があるだろうか?

The 20/40 driver’s license requirement is often treated as if it were a scientifically determined threshold: 20/40 is safe, 20/50 is not. A license requirement is not a threshold, it denotes a safety margin.

20/40の運転免許要求はあたかも科学的に調査された域値のようにしばしば取り扱われる。20/40は安全で、20/50はそうでないと。免許要求は域値ではない。それは安全限界を示す。

It is assumed that a person, who reads 20/40 on a stationary letter chart in a well lit office, will still have sufficient vision to navigate safely, on the road, after dark, in a moving vehicle, under adverse conditions. We all know that that assumption is far too simplistic.

 十分な照明のオフィスで静止した文字チャート上で20/40を読む人は道路上で暗くなったあとも、動く車両で、どんな悪条件下でも安全に運転できるという十分な視力ではあり続けるであろう。

 

Most jurisdictions have more stringent rules for professional drivers. This is not because their visual environment is different, but because we want a wider safety margin.

多くの法では職業運転手にはより厳しいルールを設定している。これは視環境が異なってもより、広い安全域がほしいからである。

The 20/40 requirement also tends to become a self-fulfilling prophesy, since traffic engineers will now design road signs, based on that requirement.

20/40の要求は自己完結的な予言となる傾向がある。なぜなら運転エンジニアはその要求に基づいた道路標識をデザインしているし、これからもそうであろうからである。

Some people maintain that visual complaints show a breakpoint at 20/40. I am not convinced. I believe that as vision changes, visual performance changes gradually, without breakpoints, and with enormous variability from individual to individual.

ある人々は20/40の域値に不満を持ち続ける。私は確信がない。視力は変化するについれ、視覚パフォーマンスは少しずつ変化するし、域値なしに個人個人で非常にバリエーションもある。

If visual performance is assessed with questionnaires, one further needs to be careful to include enough difficult tasks that can distinguish performance at 20/20 from performance at 20/40. In the absence of such questions it can be that the remaining questions have a ceiling effect at 20/40. If there is a ceiling effect, the 20/40 criterion is not based on the performance of individuals, but on the psychophysical validity of the test. もしパフォーマンスが質問で評価されるなら、20/20のパフォーマンスから20/40のパフォーマンスを区別することのできる難しいタスクを注意深く選んで含める必要がある。このような質問がないので残りの質問は20/40で天井効果となるかもしれない。もし天井効果があるのなら、20/40クライテリアは個人のパフォーマンスにもとずくものではなく、テストの心理物理学的バリディティによるものになろう。

 

Setting a requirement is a policy decision. It should not contradict available evidence, but it is different from a scientifically determined threshold. Setting requirements for disability benefits is similar. Since definitions such as for “Low Vision” or “Blindness” are often used as benefit criteria, they are similarly subject to policy decisions.

要求を決めるのはポリシー決定である。手に入る事実で異論を唱えるべきではなく、科学的に決めた域値とは異なるのである。障害者の恩恵のための要求を決めるのも同様である。「ロービジョン」または「盲」への定義は恩恵のクライテリアとしてしばしば用いられ、ポリシー決定に同様に準するものである。

This answer may be longer than what you hoped for, but I hope that it clarifies the complexity of the issues.

この答えはあなたが希望したより長いかもしれない。しかしこれがこの問題の複雑さを明らかにすることを望む。