Skip to main content

山梨県視覚障害を考える会 

     私たちができることはないか考えよう Since 2011.1.20

ホーム  山梨県視覚障害を考える会とは  くらしの情報集  Functional Vision Score資料  お問い合わせ  サイト マップ  メンバーのログイン  リンク  更新履歴  ダウンロード   
はじめに
全人に対するインパクト
医師の裁量は許されるのか?
英国の制度から学ぶ
インペアメントとディサビリティ
WHOの統計にも則している
ロービジョンの定義
1mロービジョンチャートを用いる
日本の視力等級とFAS
よい方の眼か加重平均か
日本人の標準視野
GoldmannIII4eと相応する静的視野
Colenbranderの静的視野の考え方
Colenbrander-KamoFVS計算シート
中心暗点ルール
神経眼科的問題点
ICDコード
FVSとリハビリテーション
FVS とQOLに関する論文集
VFS測定のためのオーバーレイ
第66回臨床眼科でのFVSインストラクションコース
FAQ集
第1回FVS基礎と発展学習会151120
第2回FVS基礎と発展学習会160825
FVS研究会へのお問い合わせ

2FVS基礎と発展学習会 2016/8/25 @新潟大学「東講義棟」2階第二講義室

加茂純子(甲府共立病院)・村上美紀(むらかみ眼科)斉之平真弓(鹿児島大学)鶴岡三惠子

(過去のPPT使用承諾済 宇田川さち子(金沢大学)小野峰子(東北文化学園大学))

背景:日本における視覚障害の身体障害者認定基準には多くの問題点が指摘されている。一方、視覚障害を多角的に評価する新しい方法として2002年にColenbranderFunctional Vision ScoreFVS)を発表し、現在American Medical Associationもその使用を推奨している。また、近年国内においてもその有用性が報告され始めており、日本眼科医会公衆衛生部は20112月から12月にかけてFVSについての連載を「日本の眼科」誌上で行った。

目的:国際基準であるFVSについて理解を深め、実際の評価法を習得する。

方法:FVSの具体的な計測方法について実践的なインストラクションコースを行う。


 タイムテーブル

担当

時間配分(分)

実際の時刻

挨拶

斉之平真弓

3

1600

1.FVS序論

加茂純子

20

1603

2. VFSFFS,FVSの算出方法 
例題1(同名半盲)

村上美紀

10

1623

3. Colenbrander Kamo 
FVS
シートの使い方

加茂

7

1633

4.例題2 (緑内障 )

参加者

15

1640

4.例題2の解説

斉之平 

5

1705

     休憩 (質疑応答)   

 

10

1715

5.例題3(中心暗点ルール使う症例)

参加者

15

1725

5.例題3の解説

鶴岡三恵子

 

1745

6.結果回収

 

5

1750

7.質疑応答

 

5

1755