Skip to main content

山梨県視覚障害を考える会 

     私たちができることはないか考えよう Since 2011.1.20

ホーム  山梨県視覚障害を考える会とは  くらしの情報集  Functional Vision Score資料  お問い合わせ  サイト マップ  メンバーのログイン  リンク  更新履歴  ダウンロード   
見えない、見えにくい方のための講習会
医療とリハビリの連携
拡大読書器について
拡大鏡について
PC, iPADなどの利用
電子図書館
Reports from WOC2012 
自立支援法の改正点
第1回社会適応訓練講習会(連携)
第2回社会適応訓練講習会(ルーペ)
Kindle も面白い!
第3回社会適応訓練講習会(ライトハウス)
第4回社会適応訓練講習会(iPadなど)
網膜色素変性症患者への個別相談会
第5回社会適応訓練講習会(ICタグ・盲導犬)
第6回社会適応訓練講習会(FVS学習会)
第7回社会適応訓練講習会 (震災)
震災に備えて(山梨県防災課から)
第8回講習会 (視覚障害と就労)
第9回講習会(視覚障害とスポーツ)
第10回講習会(視覚障害と教育)
第11回講習会(ロービジョンケアマインドを持とう」
第12回講習会(整理整頓 掃除)
第13回講習会(視覚障害クラシファイア チャレンジ
第14回 症例検討、ECLO、歩行訓練、iPad
第15回(食材の調達、在庫管理、料理)
第3回ロービジョンケア勉強会資料2011.8.30:川瀬芳克先生の拡大鏡/単眼鏡レクチャーノート
川瀬芳克先生の拡大鏡・単眼鏡のレクチャースライド(第12回ロービジョン学会のレクチャーAの改変PDF)
                            :エッシェンバッハのルーペの例(タイムズコーポレーション提供)  
拡大鏡の選び方へのリンク
単眼鏡の選び方へのリンク
ロービジョンを得意とする眼鏡屋さんへのリンク
 ルーペで定評のあるメーカーへのリンク集
   Eschenbach日本へのリンク
   Eschenbach米国へのリンク
   欧米(Coil,Schweitzerなど)、日本(Nikon, Peakなど)のルーペ網羅されているページへのリンク
拡大率(25cmで見ることを基準)のメーカによる差異がありますので注意: (川瀬芳克先生からの情報です。)
エッシェンバッハは8D未満は(D/4)+1で表示し、8D以上のものは(D/4)で表示しているように記憶しています。
ツァイス、ニコンは(D/4)です。ウィナー、ピーク等は(D/4)+1だと思います。
スピーゲルも同様です。概ね+10Dより強いものは(D/4)で表示し、それより弱いものは(D/4)+1で表示しているようです。
しかし、明確な基準ではないと思います。
いずれもエッシェンバッハのカタログ値(2011年3月版)です。
メディプランエルゴでは+14Dを4.5倍と表示しています。+10Dを超えていますが(D/4)+1で計算しています。
一方、LEDワイドライトルーペでは+12Dを3倍と表示しています。
+14Dより低いDですが、(D/4)で計算されています。
ユニバーサルルーペでは+10Dを2.5倍と表示していますが、ブラックルーペでは同じ+10Dを3.5倍としています。
拡大鏡の使用法により理論的に(D/4)+1の倍率が得られますので使い方の違いであると言えばそれまでですが、エッシェンバッハの
カタログにある使用法ではその倍率は得られないと思います。  
拡大率についてエッシェンバッハ(日本)からの回答
1.エッシェンバッハのルーペは基本的にはディオプター(D)表示されており、その数値を4で割った(D/4)値がおおよその倍率になります。
  ただ、10D以下はその数値にプラス1を加え、10D以上はそのままの数値が倍率になります。
2.商品群によって同じディオプター(D)でも違う倍率表示になっているのは新たにラインナップに追加された商品が多く、そのディオプターを4で
  割った値を当てはめると他の品番の商品との区分けがし難いことか そのバランスを考えてプラス1をしたりしなかったりが有るとのことです。
3.ドイツのDIN規格と言うものが有り、それが適用(プラス1を無に)されていた時期に発売された商品(品番)が混ざっていることから、同じディオプ
 ター表示がされていても倍率表示が違う現象が出てしまっているとのことです。
**ルーペは見る人の使い方で見え方(倍率)が多少変わってくるので一概には言えませんが、ディオプター(D)が一番確かな値になります
   国産・アジア産の商品ではディオプター表示が無く(ニコンを除く)、倍率表示だけの物が多いですが、それらの商品は倍率が不確か
   なところが多いようです。
                 
拡大率について アサクラメガネの山中幸宏さんからのコメント
 Eschenbachの倍率の定義については、日本ロービジョン学会誌VOl7
140-145に当時のESBの常務であった川嶋さんが詳しく述べられたます。ISO(世界標準機構)が2000年に定めた規格なども載っています。

他社の状況ですが、“タイムズコーポレーションが発売している”最近のシュバイツアールーペは、すべて「D/4」が倍率となっています。
日本で発売されているコイルルーペは「D/4+1」です。
+1する理由ですが、弱いディオプターのルーペが、「商品にならない」(+4.0Dは1倍)ということ、もうひとつは「1倍の距離=25cm」が、
「調節力により見えているため(=+4.0D調節力の分加算)」と思われます。
また、盲学校の生徒さんが良く使っていた、ウイナー社の小判型ルーペは20Dが7倍になっているのまであります。
製品名目と拡大鏡の距離mmメーカ表示のレンズDiopter*倍率基準拡大率**メーカー表示倍率
Eschenbach15102247 12 3 3
Eschenbach265570 148 164 4
Eschenbach265560 143 20 55
Eschenbach265550 97 235.75 6
Eschenbach15107 60.5 28 7 7
Eschenbach15101042389.5 10
Eschenbach151012 4250 12.5 12.5
Schweitzer8870 97.512 3 4
Schweitzer8860 93.5 16 4 5
Schweitzer8855 92 20 5 6
Schweitzer8860 93.5 16 4 5
Schweitzer885592 20 5 6
Schweitzer8835 68 28 7 8
Coil5203 0 8 2 3
Coil52040 12 3 4
Coil5206 0 20 5 6
Coil5147 0 24 6 7
Coil5148 0 32 8 9
Coil5271 0 40 10 11
Nikon14DAS 64 14 3.5 3.5
Nikon20DAS 55 20 5 5
Winner小判 5倍0 12 3 5
Winner小判 7倍 0 19 4.75 7
Zeiss12D 74 12 3 3
Zeiss20D05420 5 5
*:角膜頂点から拡大鏡レンズ厚の中央で測定。**:拡大鏡を作成する業界で使う公式は「倍率=Diopter/4」を用いる。これは25cm(4Dを基準にした場合であり、
小穴はこれを基準拡大率と定義している。