Skip to main content

山梨県視覚障害を考える会 

     私たちができることはないか考えよう Since 2011.1.20

ホーム  山梨県視覚障害を考える会とは  くらしの情報集  Functional Vision Score資料  お問い合わせ  サイト マップ  メンバーのログイン  リンク  更新履歴  ダウンロード   
岡山県視覚障害を考える会からの言葉
はじめに
1.ロービジョンクリニック
2.身体障害者手帳
3.身体障害者手帳を必要とする制度
3-1 障害者総合支援法
3-1-1 家事の支援
3-1-2 外出支援
3-2 自立支援医療
3-3 重度心身障害者医療費助成制度
3-4 補装具費の支給
3-5 日常用具の支給
3-6 盲導犬の貸与と医療機関での受け入れ
3-7 税金の控除
3-8 公共料金の減免
3-9 運賃の割引
3-10  駐車禁止除外車両の指定など
3-11 選挙
3-12 心身障害者扶養共済制度
3-13 一部の市町村にある制度
4-1 障害年金
4-2 特別障害給付金制度
4-3 労働保障の年金制度
5 難病 New!
6 介護保険を利用する
7.障害児手当など
8 生命保険特約
9 保育と教育
10 職業と就業
11 日常生活訓練
12 パソコンの利用
13 レクレーション スポーツ
14 視覚障害者のための県内施設
15 視覚障害者の団体
16 視覚障害者を支援する団体
17 日用品とパソコン
18 情報の入手
19. 災害に備えて
20. 障害者に対する法律
21 相談のできるところ
付表
付表1 補装具
付表2 相談の窓口
付表1 障害児・者の利用者負担
付表2 補装具の購入費と修理費
付表3 自立支援医療費の自己負担額
付表4
付表4-1 一般的な相談窓口
付表4-2 就労関係
付表4-3  教育関係
付表4-4 保健機関
付表4-5 身体障害者相談員
 

視覚に障害がある方の「くらしの情報集」(山梨県版)完成に寄せて

この度は「くらしの情報集(山梨版)」のご完成、誠におめでとうございます。

私ども「岡山県視覚障害を考える会」では、仕事やボランティア活動などで視覚障害者に関わる人や支援する家族、近隣の人たちなどが視覚障害者の生活に役立つ情報を得る手助けをする目的で、平成178月に初版、平成1811月に第2版の同名の冊子を出版し、平成2010月には補遺を作成して第2版を増刷しました。その際にある団体から助成金を得ることができましたので、県内の関連機関および中四国の眼科病医院へ配布した後に、余った冊子を日本ロービジョン学会の評議員の皆様にも謹呈させていただいたところ、山梨県でロービジョンケアに熱心に取り組んでおられる加茂先生のお目にとまり、山梨県版作成のための援助依頼をお受けした次第です(これを機に、当会のホームページhttp://www5d.biglobe.ne.jp/~oysk/にて同様のデータ提供を無料で行っておりますので、どうぞご利用ください)。

 両冊子とも目的は同じですから、視覚に障害を受けた人が、生活をより快適にするために知っておいていただきたい事柄となっており、人生の途中で障害を受けた人や、子供に障害があることがわかった保護者などが、その状況にどのように対処すればよいか知識も情報もない、といった場合に役に立つ情報が集められています。

 山梨県版では最新の、そして山梨県の情報へと書き換えられ、さらなる工夫と充実が図られていて、すばらしい内容に仕上がっているとお見受けしました。これが多くの方々にご利用いただけ、一人でも多くの視覚障害の方々へと有益な情報が伝わることを願ってやみません。

 山梨県版は更新への尽力を惜しまれない、とのことですので、今後の発展にも期待しております。末永い活動の継続を祈念し、お祝いの言葉とさせていただきます。

 平成231月吉日

  岡山県視覚障害を考える会副会長岡山大学眼科 守本典子

    岡山県版:執筆者紹介(五十音順;*は編集委員を兼ねる

 石橋京子 岡山大学医学部・歯学部附属病院医療ソーシャルワーカー                                   奥村俊通 **日本網膜色素変性症協会岡山県支部支部長 

小石原紀子**岡山県立岡山養護学校教諭(前任校岡山県立岡山盲学校)

後藤陽介 鳥取県立鳥取盲学校寄宿舎指導員(前任校岡山県立岡山盲学校)

長尾長彦 くらしき健康福祉プラザ視能訓練室視能訓練士

沼本千誉 岡山大学医学部・歯学部附属病院眼科看護師

間島正泰 岡山県福祉相談センター障害者相談課身体障害者福祉司

松浦勝*

守本典子**岡山大学医学部・歯学部附属病院眼科医師