Skip to main content

山梨県視覚障害を考える会 

     私たちができることはないか考えよう Since 2011.1.20

ホーム  山梨県視覚障害を考える会とは  くらしの情報集  Functional Vision Score資料  お問い合わせ  サイト マップ  メンバーのログイン  リンク  更新履歴  ダウンロード   
岡山県視覚障害を考える会からの言葉
はじめに
1.ロービジョンクリニック
2.身体障害者手帳
3.身体障害者手帳を必要とする制度
3-1 障害者総合支援法
3-1-1 家事の支援
3-1-2 外出支援
3-2 自立支援医療
3-3 重度心身障害者医療費助成制度
3-4 補装具費の支給
3-5 日常用具の支給
3-6 盲導犬の貸与と医療機関での受け入れ
3-7 税金の控除
3-8 公共料金の減免
3-9 運賃の割引
3-10  駐車禁止除外車両の指定など
3-11 選挙
3-12 心身障害者扶養共済制度
3-13 一部の市町村にある制度
4-1 障害年金
4-2 特別障害給付金制度
4-3 労働保障の年金制度
5 難病 New!
6 介護保険を利用する
7.障害児手当など
8 生命保険特約
9 保育と教育
10 職業と就業
11 日常生活訓練
12 パソコンの利用
13 レクレーション スポーツ
14 視覚障害者のための県内施設
15 視覚障害者の団体
16 視覚障害者を支援する団体
17 日用品とパソコン
18 情報の入手
19. 災害に備えて
20. 障害者に対する法律
21 相談のできるところ
付表
付表1 補装具
付表2 相談の窓口
付表1 障害児・者の利用者負担
付表2 補装具の購入費と修理費
付表3 自立支援医療費の自己負担額
付表4
付表4-1 一般的な相談窓口
付表4-2 就労関係
付表4-3  教育関係
付表4-4 保健機関
付表4-5 身体障害者相談員

はじめに

平成20年(2008)の11月に日本ロービジョン学会の田淵昭雄理事長と守本典子理事のお計らいで、「岡山県視覚障害を考える会」からこのホームページの原本となった、-視覚に障害がある方の-「くらしの情報集」が送られてきた。

 同会の情報集執筆と編纂に関わられた奥村俊通:*日本網膜色素変性症協会岡山県支部支部長、小石原紀子:岡山県立岡山養護学校教諭(前任校岡山県立岡山盲学校)、松浦勝:ボランティア、守本典子:*岡山大学医学部・歯学部附属病院眼科医師、諸氏の情熱に感銘するとともに、これは各地域で必要なものと感じた。

 視覚障害者は視覚からの情報を自ら取り入れることが困難であるために、彼らに接する医療従事者、特に最初は眼科医が、おおまかであっても、これらの知識を持っていないと、制度があっても患者に伝達することはできない。

 自分自身の勉強のため、そして将来出会う患者のために、山梨県版がほしいと思った。

 しかし、まったく白紙から始めるのは難しく、守本先生にお願いして、岡山の「考える会」の皆さんのご好意によりPDFを無償で分けていただいた。これが2010年の111日であった。ご同意くださった「岡山県視覚障害を考える会」の皆様に心から感謝する。

 これなら、できる。と確信を得た私は、甲府共立診療所でともに働く視能訓練士の原田亮、甲府共立病院の医療ソーシャルワーカー望月優一、齊藤徳仁と私の4人で平成22年(2010年)125日に第一回の編集委員会を立ち上げた。

第2回は46日に同じメンバー、第3回の527日外部から4人、第4回の720日さらに1人、第5回の921日には山梨県福祉保健部障害福祉課の担当者が加わり、まさに岡山の執筆者陣と同様のメンバーが、そろった。

交通費も出ないボランティアで集まっていただき、火曜の午後という平日にもかかわらず、2時間という時間があっという間に過ぎるという、有意義な会を重ねることができた。

 編纂する中で、山梨には視覚障害者のための歩行訓練をする人がいないことに気づいた。

また、第11回日本ロービジョン学会学術総会のOrientation and Mobilityのワークショップで、島根の盲導犬センターの方が声をかけてくださり、富士ハーネス(盲導犬センター)の歩行訓練士さんが山梨まで出向いてくださることもわかった。

当院のリハビリ科医師の宇藤に相談したところ、それも自立訓練になるので、当院のOT(職業療法士)が訪問リハで引き受けますよと言ってくれたことがきっかけで、体の障害も兼ねもつ患者のために、視覚障害者の歩行訓練の学習を始めたところである。

 自立支援法が、眼科に配慮が少ないことも気づき、上にあげていく必要があることも学んだ。

 また、現在身体障害者の認定基準が見直されていることもあり、隔月に編集委員会をしてここまで形としたが、このページは一回書いてしまえば終わりということはなく、今後は「山梨県視覚障害を考える会」と名称を変え、今後は眼科医、視能訓練士、眼科スタッフも巻き込み、最低、季節ごとくらいに集まって、改訂していく必要があることも認識している。

(しかし、ウェブに到達できない方のために冊子としていつか発行したいという希望はある。)

 そして、このページは、山梨県眼科医会の萩原会長をはじめとする理事会のご好意により、山梨県眼科医会のホームページにリンクさせていただいた。

 我々もできるだけ最新の情報を届けたいとアンテナを張らせておくが、読者が早く気付かれた場合は、問い合わせのフォームより、加茂までご連絡いただきたい。

 2011118

 山梨県版 視覚に障害がある方の「くらしの情報集」編集長:加茂純子

甲府共立病院 眼科科長 日本ロービジョン学会評議員

               日本眼科医会 身体障害者認定基準に関する委員

山梨県版:編集委員会

加茂純子 甲府共立病院・診療所 眼科医師

担当者 山梨県福祉保健部障害福祉課

佐田弘和 山梨県立盲学校教諭 Eye愛(アイアイ)ひとみ相談室

齊藤徳仁 甲府共立病院医療ソーシャルワーカー

野澤奈加子 青い鳥支援センター ヴィーヴィ

原田 亮 甲府共立病院・診療所 視能訓練士

古屋美智子 南アルプス市社会福祉協議会

穂阪和宏 山梨網膜色素変性症患者の会名誉会長(ナシの実)

望月優一 甲府共立病院医療ソーシャルワーカー