Skip to main content

山梨県視覚障害を考える会 

     私たちができることはないか考えよう Since 2011.1.20

ホーム  山梨県視覚障害を考える会とは  くらしの情報集  Functional Vision Score資料  お問い合わせ  サイト マップ  メンバーのログイン  リンク  更新履歴  ダウンロード   
はじめに
全人に対するインパクト
医師の裁量は許されるのか?
英国の制度から学ぶ
インペアメントとディサビリティ
WHOの統計にも則している
ロービジョンの定義
1mロービジョンチャートを用いる
日本の視力等級とFAS
よい方の眼か加重平均か
日本人の標準視野
GoldmannIII4eと相応する静的視野
Colenbranderの静的視野の考え方
Colenbrander-KamoFVS計算シート
中心暗点ルール
神経眼科的問題点
ICDコード
FVSとリハビリテーション
FVS とQOLに関する論文集
VFS測定のためのオーバーレイ
第66回臨床眼科でのFVSインストラクションコース
FAQ集
第1回FVS基礎と発展学習会151120
第2回FVS基礎と発展学習会160825
第3回FVS研究会170519
FVSはどの国で使われていますか?
FVS研究会へのお問い合わせ
2001年ころ 所沢の国立リハビリセンターで眼科医のための視覚補装具の講習会を受けた私はやる気満々でいた。
甲府共立病院に赴任したところ、Goldmann視野計がなく、Humphreyのみで身体障害者手帳を書こうと思ったところ、
Goldmannでは視野がありそうな症例が、ほとんど見えないと反応する。
これが一連の研究の発端であった。以下の論文の発端となった経験が下のリンクにある。
 

身体障害者(視覚)基準と運転免許の視野基準に関する論文集(加茂純子)

   1)加茂純子.視覚障害者等級の視野判別をハンフリー自動視野計(740型)静的プログラムを用いた場合と同社(750型)動的プログラムを用いた際の乖離の可能性.眼紀 56:176-180,2005

   2)加茂純子、四方田大介、深澤喜直.視覚障害者手帳5級の視野面積を測る方法―動的視野測定機能を備えた自動視野計を用いた場合―.臨眼.59(4)441-444,2005

   3)加茂純子.視覚障害者手帳視野障害5級の面積計算.眼紀 56:595-598,2005

   4)加茂純子、佐宗真由美、海野明美、矢崎三千代、星野清司. 視覚障害者5級取得目的の周辺視野は静的プログラムで悪化する. 眼紀 57:437-441,2006

   5)加茂純子.Deeper insight 身体障害者手帳と視野. 眼科プラクティス15. 文光堂, 東京, 2007, p.319-322

   6) 加茂純子、太田昭生. 代償されない複視や動揺視は視覚障害として評価されないのか?眼紀 58:227-232, 2007

   7)加茂純子、海野明美. 加齢および顔面神経麻痺による眼瞼下垂への手術の視野面積と緯度への影響. 臨床眼科62(3):269-273, 2008

   8)加茂純子. 運転免許と視野基準-眼科医が運転免許制度に係わる必要性を英国の制度から検討 日本ロービジョン学会誌8:9-45, 2008

   9)加茂純子. 英国の運転免許の視野基準をそのまま日本に取り入れることができるか?あたらしい眼科―眼瞼挙上術と視野の関係から推察25(6):891-894,2008.

  10)加茂純子. シンポジウムを聞いての感想と、神経眼科領域の身障者手帳等級に関する問題点.

神経眼科 25:46-54, 2008.

  11)加茂純子. 世界の運転免許の視機能基準から日本の基準をどうしていくか? 眼科臨床紀要 2(3):224-231, 2009

  12加茂純子 三戸秀哲.眼瞼下垂と眼瞼皮膚弛緩に対する術前後の視野とNEI VFQ25によるquality of life(QOL)の変化との関連 臨床眼科64(10):1765-1771,2010

  13) 加茂純子、原田亮、宇田川さち子、松本行弘、仲泊聡.American Medical association のVisual Field ScoreのHumphrey Field Scoreによる静的視野とGoldmann視野の結果の施行. 臨床眼科 65(8):1243-1249, 2011

      14)    加茂純子(日本眼科医会身体障害認定基準に関する委員会)身体障害認定における視覚障害評価 第1回 
米国
American Medical Association AMA)が推奨する評価法と英国等のシステムについて.
日本の眼科82:2 165-1672011
      15) 加茂純子(日本眼科医会身体障害認定基準に関する委員会)身体障害認定における視覚障害評価 第2
 国際基準であり
Quality of Life(QOL)との相関があるFunctional Vision ScoreFVS
日本の眼科82:4 463-4672011
16)
加茂純子(日本眼科医会身体障害認定基準に関する委員会)身体障害認定における視覚障害評価 第3回 
Visual Acuity ScoreVAS)とVisual Field ScoreVFS)の測定の実際 
日本の眼科82:6 755-7582011
17)加茂純子(日本眼科医会身体障害認定基準に関する委員会)身体障害認定における視覚障害評価 第4回 
WHOの障害定義の変遷、FVSとWhole Person Impairment(WPI:個人に対するインパクト)
日本の眼科82:8 1069-10722011
18) 加茂純子、原田亮、宇田川さち子、
松本行弘、仲泊聡
American Medical associationVisual Field ScoreHumphrey Field Scoreによる静的視野とGoldmann視野の結果の試行 臨床眼科 658):1243-12492011
19)加茂純子(日本眼科医会身体障害認定基準に関する委員会)身体障害認定における視覚障害評価 第5回 
自動視野計による評価にも対応しやすいFunctional Field Score(FFS)
日本の眼科82:10 1339-13412011
20)加茂純子(日本眼科医会身体障害認定基準に関する委員会)身体障害認定における視覚障害評価 第6回 
ロービジョンケアへの連結、全国の視覚障害原因疾病統計に役立てる
日本の眼科82:12 1617-16192011
21)加茂純子、原田亮、杉浦寅男、仲泊聡、 平塚義宗、松本長太、
宇田川さち子、 松本行弘
Colenbrander, Estermanグリッドと日本の身障者視野判定の比較眼科臨床紀要 54315-3212012
22)原田亮、加茂純子Goldmann III4eによる日本人の正常視野日本ロービジョン学会誌11:102-1072011
23)加茂純子、原田亮、仲泊聡、松本長太、
宇田川さち子、松本行弘
Functional Field ScoreFFS)Functional Vision ScoreFVS)から見た
同名半盲と輪状暗点のある緑内障
 
日本ロービジョン学会誌12:69-742012





24)加茂純子、原田亮、松本行弘緑内障のある運転手のBinocular Esterman Score Functional Field ScoreThe 25-item National Eye Institute Visual Function Questionnaireへの関連日本ロービジョン学会誌1311-152013











          25)原田亮、加茂純子、瀬戸寛子、大島裕司Colenbrander グリッドスコアの右左合成両眼と両眼開放、FFSの関係臨床眼科68:1161-11662014
          26)加茂純子 ロービジョンケアの実際 静的視野専門医のための眼科クオリファイ2644-472015
          27)加茂純子 ロービジョンケアの実際 視覚障害判定(欧米との違い)専門医のための眼科クオリファイ26104-1092015