Skip to main content

山梨県視覚障害を考える会 

     私たちができることはないか考えよう Since 2011.1.20

ホーム  山梨県視覚障害を考える会とは  くらしの情報集  Functional Vision Score資料  お問い合わせ  サイト マップ  メンバーのログイン  リンク  更新履歴  ダウンロード   
はじめに
全人に対するインパクト
医師の裁量は許されるのか?
英国の制度から学ぶ
インペアメントとディサビリティ
WHOの統計にも則している
ロービジョンの定義
1mロービジョンチャートを用いる
日本の視力等級とFAS
よい方の眼か加重平均か
日本人の標準視野
GoldmannIII4eと相応する静的視野
Colenbranderの静的視野の考え方
Colenbrander-KamoFVS計算シート
中心暗点ルール
神経眼科的問題点
ICDコード
FVSとリハビリテーション
FVS とQOLに関する論文集
VFS測定のためのオーバーレイ
第66回臨床眼科でのFVSインストラクションコース
FAQ集
第1回FVS基礎と発展学習会151120
第2回FVS基礎と発展学習会160825
FVSはどの国で使われていますか?
FVS研究会へのお問い合わせ

 自賠責保障に有利な証拠をということで、神経眼科的問題のある患者FVS100として.pdf両眼開放の視野の資料を提出しました。

 

 交通事故後に左の動眼神経麻痺になって、当初は眼瞼下垂もあり、複視はなかったのですが、瞼が上がるにつれて、複視がでて、3年へた今も両眼視領域は非常に狭いです。

 Colenbranderのいう15ポイントの調整で、障害者に入るかと思いきや、視力も視野もひとよりよいために、クラス1にしかなりません。

 一般には左右の視野を重ねるので両眼の視野を模擬できるのですが、>この方に限っては両眼開放の視野を測ったのを両眼のところに入れるとクラス2で少しは障害者として認めることができます。

 一般には片眼遮蔽で普通に暮らせるではないかと指摘されるかもしれませんが、この方は、片眼を隠すことを最後まで拒まれ、

左にプリズム、プラス2Dのめがねなど用いて、どうにかならないか、ためにしましたが、受け入れていただくことができませんでした。