Skip to main content

山梨県視覚障害を考える会 

     私たちができることはないか考えよう Since 2011.1.20

ホーム  山梨県視覚障害を考える会とは  くらしの情報集  Functional Vision Score資料  お問い合わせ  サイト マップ  メンバーのログイン  リンク  更新履歴  ダウンロード   
見えない、見えにくい方のための講習会
医療とリハビリの連携
拡大読書器について
拡大鏡について
PC, iPADなどの利用
電子図書館
Reports from WOC2012 
自立支援法の改正点
第1回社会適応訓練講習会(連携)
第2回社会適応訓練講習会(ルーペ)
Kindle も面白い!
第3回社会適応訓練講習会(ライトハウス)
第4回社会適応訓練講習会(iPadなど)
網膜色素変性症患者への個別相談会
第5回社会適応訓練講習会(ICタグ・盲導犬)
第6回社会適応訓練講習会(FVS学習会)
第7回社会適応訓練講習会 (震災)
震災に備えて(山梨県防災課から)
第8回講習会 (視覚障害と就労)
第9回講習会(視覚障害とスポーツ)
第10回講習会(視覚障害と教育)
第11回講習会(ロービジョンケアマインドを持とう」
第12回講習会(整理整頓 掃除)
第13回講習会(視覚障害クラシファイア チャレンジ
第14回 症例検討、ECLO、歩行訓練、iPad
第15回(食材の調達、在庫管理、料理)
第16回(糖尿病で失明しないために)

1回 視覚障害者のための社会適応訓練講習会

   主催:山梨県視覚障害を考える会

    共催:公益社団法人日本眼科医会

後援:日本ロービジョン学会・山梨ライトハウス

    セイビドー本店チェーン・タイムズコーポレーション

2012.5.27(日)午前10時~午後1時

          

対象 山梨県立盲学校 食堂

400-0064 山梨県甲府市下飯田2丁目10−2 055-226-3361

最寄バス停 長松寺:眼科医、眼科スタッフ、医療関係者、患者と家族 

入場無料

(資料として必要な方には、「山梨県版視覚障害者のためのくらしの情報集」:500円

上履きをご持参ください。

午前930開場
午前10001045 

「医療とリハビリの連携の必要性」に関するシンポジウム

 

         *黄色のところにビデオがリンクされています。

                   許可いただけた演者のみ含んだ全体のプレイリスト

 

          要旨のPDFもリンクしました。

 

            

   0. 座長挨拶 (PDF)

                               

                        座長 加茂 純子(甲府共立病院 眼科)

  1. 患者の立場から (PDF) 

                       穂阪 和宏(山梨網膜色素変性症患者の会(ナシの実)
   

 

    2. 制度について    (PDF)

                           望月 弘嗣(甲府市障害福祉課自立支援係)


   3. 盲学校をどう利用するか (PDF)

 

       

                      吉田 朋子(山梨県立盲学校)


 4.
 
視覚障害者用のPC講座  ((PDF)

 

               早川 佑騎(山梨県障害者社会参加推進センター)
   

 

      5. 歩行訓練士の仕事 (PDF)

 

               安山 周平(公益財団法人 日本盲導犬協会)

    

休憩(拡大読書器、白杖、生活用品グッズなど展示があります。)

   タイムズコーポレーション、セイビドー、山梨ライトハウスなどが出展

 

 

午前11001230

                              座長 田辺 直彦(山梨県立中央病院 眼科)
  特別講演 「視覚障害者への支援とロービジョンケア」

                                                      (PDF)

             北九州市立総合療育センター眼科  高橋 広先生
                                    (日本ロービジョン学会・理事長)
    2012年4月からロービジョン検査料が保険で

                           認められるようになったことを踏まえて

 

 

1.視覚障害者を助ける

 

           

      

2.ロービジョン検査料


                  3.ロービジョンの定義


                 4.子供の視力・読み速度

 

5.視野

 

6.偏心視の誘導

 

7.リハビリと福祉は同時に

 

質疑応答

 

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------

高橋広先生 ご略歴19507月生まれ)

19753月 慶應義塾大学医学部卒業 医学博士

19893月 産業医科大学医学部眼科学講座講師

19933月 同大学助教授

20001月 柳川リハビリテーション病院眼科部長

20014月 第2回日本ロービジョン学会学術総会会長

20087月 北九州市立総合療育センター眼科部長(現在に至る)

20104月 日本ロービジョン学会理事長(現在に至る)

201011月 第52回日本産業労働交通眼科学会会長

現在:福岡教育大学特別支援教育(視覚)講座非常勤講師

慶應義塾大学医学部非常勤講師

北九州市心身障害児就学指導委員

日本ロービジョン学会理事(20004月~20103月)

日本眼科医会学術委員会委員

日本眼科医会身体障害認定基準に関する委員会委員

日本産業・労働・交通眼科学会理事

北九州ロービジョンフォーラム会長

【参考図書】「ロービジョンケアの実際」第2版 医学書院, 2006

「知っておきたい子どもの目のケア」 少年写真新聞社, 2007

---------------------------------------------------------------

問い合わせ・申し込み先

事務局:甲府共立診療所 眼科 原田亮

 TEL055-221-1000,FAX055-221-1009またはryo-h@athena.ocn.ne.jpまで、

5/27の会に出席希望と明記の上、人数とご施設名・ご連絡先(電話・mail address

を書いてお送りください。

---――――――――――――――――――――――――――――――――――

最新情報は山梨県視覚障害を考える会ホームページに掲載されます。

http://mayeyeclinic.sharepoint.com/Pages/default.aspx

入会希望の方はホームページの問い合わせのところからご連絡ください。

3回の追加情報を郵送/mail addressまでお送りします。(若干の会費あり)

2回講習会は911月ころ開催予定です。