Skip to main content

山梨県視覚障害を考える会 

     私たちができることはないか考えよう Since 2011.1.20

ホーム  山梨県視覚障害を考える会とは  くらしの情報集  Functional Vision Score資料  お問い合わせ  サイト マップ  メンバーのログイン  リンク  更新履歴  ダウンロード   
岡山県視覚障害を考える会からの言葉
はじめに
1.ロービジョンクリニック
2.身体障害者手帳
3.身体障害者手帳を必要とする制度
3-1 障害者総合支援法
3-1-1 家事の支援
3-1-2 外出支援
3-2 自立支援医療
3-3 重度心身障害者医療費助成制度
3-4 補装具費の支給
3-5 日常用具の支給
3-6 盲導犬の貸与と医療機関での受け入れ
3-7 税金の控除
3-8 公共料金の減免
3-9 運賃の割引
3-10  駐車禁止除外車両の指定など
3-11 選挙
3-12 心身障害者扶養共済制度
3-13 一部の市町村にある制度
4-1 障害年金
4-2 特別障害給付金制度
4-3 労働保障の年金制度
5 難病 New!
6 介護保険を利用する
7.障害児手当など
8 生命保険特約
9 保育と教育
10 職業と就業
11 日常生活訓練
12 パソコンの利用
13 レクレーション スポーツ
14 視覚障害者のための県内施設
15 視覚障害者の団体
16 視覚障害者を支援する団体
17 日用品とパソコン
18 情報の入手
19. 災害に備えて
20. 障害者に対する法律
21 相談のできるところ
付表
付表1 補装具
付表2 相談の窓口
付表1 障害児・者の利用者負担
付表2 補装具の購入費と修理費
付表3 自立支援医療費の自己負担額
付表4
付表4-1 一般的な相談窓口
付表4-2 就労関係
付表4-3  教育関係
付表4-4 保健機関
付表4-5 身体障害者相談員

3の項はすべて 2の身体障害者手帳が必要な制度ですが、指定難病ができたために、身体障害者手帳を持たなくても、公的補助が受けられるようになりました。

平成24年6月に成立した「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための 法律(以下「障害者総合支援法」)」では、制度の谷間のない支援を提供する観点から、障 害者の定義に「難病等(治療方法が確立していない疾病その他の特殊の疾病であって政令 で定めるものによる障害の程度が厚生労働大臣が定める程度である者)」を追加し、障害福 祉サービス等の対象としています。(平成25年4月1日施行) 難病等に該当される方は、身体障害者手帳の有無にかかわらず、必要に応じて障害支援 区分の認定などの手続きを経た上で、市区町村において必要と認められた障害福祉サービ ス等を利用できます。 本別冊マニュアルは、全国の市区町村において難病等に配慮した円滑な障害支援区分の 調査、認定が行われるよう、関係者(調査員、主治医、審査会委員、自治体職員等)向け に、「難病等の基本的な情報」や「難病等の特徴(病状の変化や進行、福祉ニーズ等)」、 「認定調査の留意点」などを整理したものです。

以下のリンクをご参照ください。http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/shougaishahukushi/hani/dl/index-03.pdf 

 

 眼科疾患では網膜色素変性、ベーチェット病、 サルコイドーシス、シェーグレン症候群、重症筋無力症が中でも特定疾患と呼ばれ、特に補助が大きいです。

 その他多発性硬化症、大動脈炎症候群、悪性関節リウマチ、ウエゲナー肉芽腫症、ウィリス動脈輪閉塞症、神経線維腫症、難治性視神経症、スチーブン・ジョンソン症候群、側頭動脈炎などがあります。

 以前6.特定疾患という章立をしましたが、

5 難病の項をご参照ください。