Skip to main content

山梨県視覚障害を考える会 

     私たちができることはないか考えよう Since 2011.1.20

ホーム  山梨県視覚障害を考える会とは  くらしの情報集  Functional Vision Score資料  お問い合わせ  サイト マップ  メンバーのログイン  リンク  更新履歴  ダウンロード   
岡山県視覚障害を考える会からの言葉
はじめに
1.ロービジョンクリニック
2.身体障害者手帳
3.身体障害者手帳を必要とする制度
3-1 障害者総合支援法
3-1-1 家事の支援
3-1-2 外出支援
3-2 自立支援医療
3-3 重度心身障害者医療費助成制度
3-4 補装具費の支給
3-5 日常用具の支給
3-6 盲導犬の貸与と医療機関での受け入れ
3-7 税金の控除
3-8 公共料金の減免
3-9 運賃の割引
3-10  駐車禁止除外車両の指定など
3-11 選挙
3-12 心身障害者扶養共済制度
3-13 一部の市町村にある制度
4-1 障害年金
4-2 特別障害給付金制度
4-3 労働保障の年金制度
5 難病 New!
6 介護保険を利用する
7.障害児手当など
8 生命保険特約
9 保育と教育
10 職業と就業
11 日常生活訓練
12 パソコンの利用
13 レクレーション スポーツ
14 視覚障害者のための県内施設
15 視覚障害者の団体
16 視覚障害者を支援する団体
17 日用品とパソコン
18 情報の入手
19. 災害に備えて
20. 障害者に対する法律
21 相談のできるところ
付表
付表1 補装具
付表2 相談の窓口
付表1 障害児・者の利用者負担
付表2 補装具の購入費と修理費
付表3 自立支援医療費の自己負担額
付表4
付表4-1 一般的な相談窓口
付表4-2 就労関係
付表4-3  教育関係
付表4-4 保健機関
付表4-5 身体障害者相談員

10 職業と就業*

(1)職業相談・就業訓練・職場適応訓練

次の施設では、 ハローワークと協力しながら、身体障害者の職業相談、就業のための訓練や職場適応訓練を行っています。

 

□山梨県障害者職業センター

所在地:〒400-0864山梨県甲府市湯田2- 17 - 4

電話: 055-232-7069 FAX 055-232-7077

開館日:9:0017:00土日祝日と年末年始は休館

利用:ハローワークを通して申し込み

業務内容:就職のための相談援助、就職準備支援、ジョブコーチ支援、職場復帰支援

E-mailyamanashi-ctr@jeed.or.jp

 

URLhttp://www.jeed.or.jp/location/chiiki/yamanashi/

 

 

     山梨県産業労働部就業支援センター 


  住所:〒400-0026 甲府市塩部四丁目5-28


   電話番号:055(251)3210   ファックス番号:055(251)3221

 

   URL:http://www.pref.yamanashi.jp/shugyo/index.html

 

 

 

    □ ハローワーク 障害者雇用

 

   https://www.hellowork.go.jp/servicef/139510.do?screenId=139510&action=commonSearch&todofuken=19&kyushokuNumber1Hidden=&kyushokuNumber2Hidden=

 

  

 

名    称所在地電話番号/FAX管轄区域
 ハローワーク甲府  〒400-0851
  甲府市住吉1-17-5
  電話 055-232-6060
  FAX  055-235-4186
 
  甲府市、南アルプス市、甲斐市、
 笛吹市、中央市、中巨摩郡
      ヤングハローワーク
      (学生等職業相談窓口)
  〒400-0035
  甲府市飯田1-1-20JA会館5階
  電話 055-221-8609
  FAX  055-221-8629
 
 ハローワーク富士吉田  〒403-0014
  富士吉田市竜ヶ丘2-4-3
  電話 0555-23-8609
  FAX  0555-24-4019
 富士吉田市、南都留郡のうち忍野村、
 山中湖村、鳴沢村、富士河口湖町
 ハローワーク大月  〒401-0013
  大月市大月3-2-17
  電話 0554-22-8609
  FAX  0554-23-3459
 大月市、上野原市、北都留郡
 ハローワーク都留  〒402-0051
  都留市下谷3-7-31
  電話 0554-43-5141
  FAX  0554-43-4367
 都留市、南都留郡のうち西桂町、
 道志村
 ハローワーク塩山  〒404-0042
  甲州市塩山上於曽1777-1
  電話 0553-33-8609
  FAX  0553-33-9009
 山梨市、甲州市
 ハローワーク韮崎  〒407-0015
  韮崎市若宮1-10-41
  電話 0551-22-1331
  FAX  0551-22-8154
 韮崎市、北杜市
 ハローワーク鰍沢  〒400-0601
  南巨摩郡富士川町鰍沢1215
  電話 0556-22-8689
  FAX  0556-22-0253
 南巨摩郡、西八代郡

□名称 障がい者就業・生活支援センター陽だまり

 就業支援、事業所への情報提供 等

管理者 坂本 誠

所在地 〒407-0015
    山梨県韮崎市若宮1-2-50
    (韮崎市民交流センターニコリ)3階
TEL 0551-45-9901
FAX 0551-45-9902

□障がい者就業・生活支援センター コピット

所在地:甲州市塩山上於曽933 - 1

電話:0553-39-8181

 

http://www.budounosato.org/syuurou/copit.html

 

http://www.neet-support.net/institution/162/

 

□すみよし障がい者就業・生活支援センター

所在地:甲府市住吉4 - 11- 5

電話:055-221-2133 FAX055-221-2136

 

http://www.sumiyoshi-kaisei.jp/s-r-syougai-sien.html

 

□障がい者就業・生活支援センター ありす

所在地:富士吉田市新西原3 - 4 -20

電話:0555-30-0505 FAX:0555-30-0506

 

http://www.mapion.co.jp/phonebook/M09031/19202/21930959918/

 

 

 

 

コラム:H17~18年の県の事業として行われた結果できた

 

NPO法人 バーチャル工房やまなし(ホームページより転載)

山梨県内における「障害者の在宅就労」にまつわる様々な支援を行なう団体です。重度の障害者が社会人として自立することを推し進め、仕事を得て経済的・精神的にも社会参加ができるように支援しコンピュータ操作を学び、それを用いて社会との繋がりを深めていけるようにする支援、及びこれらの事業を社会の皆様の理解を得ながら広めていくことを目標に活動をしています。(会議記録のテープ起こし、点字名刺などの作成)

 

(ただし、現在は受け入れは困難で、パソコンの高度の技術を持った方でないと就職はできないようです。)

所在地:〒409-3853山梨県中巨摩郡昭和町築地新居55- 22

営業時間:月曜日~金曜日9:0017:00(年末年始・夏期休暇を除く)

TEL055-242-2677 FAX055-242-2678

URLhttp://www.y-virtual.jp/

 

(2)職業教育

山梨県立盲学校には、一般の視覚障害者を対象として、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師の受験資格を取得する職業コースがあります(「8保育と教育」を参照)。

・高等部本科保健理療科(3年)

・高等部専攻科理療科(3年)

・高等部専攻科保健理療科(3年)

卒業生から)私は現在、1日4時間、週4日マッサージ師として診療所に勤務しています。
私が網膜色素変性症と診断されたのは、今から20年程前のことでした。
進行性の病気であり、現在は治療方法が無いことを知らされました。医師からは半年
に1回ぐらい検診を受けるようにと言われました。その時は大きなショックを受けま
した。しかし、治療に繋がらないにも関わらず、検診を受ける事に意義を感じること
ができませんでした。その為、その後10年程はこれといって受診もせず日々を過ごし
ていました。
平成18年、さすがに歩行にも支障を来し始めた為、ついに受診しました。県内に患者
会があることを病院で教えて頂き、入会しました。
それが、私の人生を劇的に変化させるきっかけとなりました。
ナシの実の会の会長から、ライトハウスで点字を学べる事を伺いました。そこで、ライトハ
ウスに通い、点字の学習を始めて後、指導してくださった方から、盲学校進学という
進路について聞きました。盲学校で学習し、国家試験に合格すれば経済的にも自立で
きる可能性があることを教えて頂きました。そこで、盲学校へ入学し、不慣れな勉強
に悪戦苦闘しながらも、先生方のご指導もあり、無事に昨年(平成26年)、国家試験に
合格しまし
た。
就職にあたっては、盲学校の就職担当の先生、ハローワークの担当者さん、障害者就
業生活支援センターの担当者さんに支援していただきました。
この様に、私は情報を伝えて導いてくださる方達に恵まれていたと感じます。そのお
陰で、現在の私があると言っても過言ではありません。
私達、視覚障害者にとっては情報を如何に幅広く受け取るかという事が重要になって
くると思います。それは、支援してくれる人といかに繋がりを持つことができるかと
いう事でもあります。その意味からも「山梨県視覚障害を考える会」が、一人でも多
くの視覚障害者に向けて情報発信する場であってほしいと思います


 

(3)障害者自立支援法による訓練等給付

障害者自立支援法の施行によって、「訓練等給付」として就労移行支援が定められました。訓練等給付を受けるには、一次判定・調査が必要です。

1)就労移行支援

就労を希望する人に、一定期間の活動機会の提供、知識、能力の向上などの訓練を行ないます。あん摩、マッサージ、指圧、はり、きゅうの免許取得による就職を目指す訓練はこれにあたります。

 

2)訓練に必要な費用

A 入所して訓練を受ける場合には、就労移行支援(訓練)費用と施設入所支援(宿舎などの施設の利用)費用、それに実費部分として食費・光熱水費が必要です。

B このうちの、就労移行支援費用と施設入所支援費用の合計(定率部分)について政令で定める額が利用者の負担となり、実費部分は全額利用者の負担となります。

C ただし、定率部分は所得などによる自己負担額の軽減制度があり、実費部分の利用者負担については、58,000円が上限でこれ以上にはなりません。

D 就労移行支援費用と施設入所支援費用は、訓練の内容や施設の種類、規模や所在地などによって異なり計算が複雑なので、具体的な希望にしたがって施設に直接確認する必要があります。

 

3)訓練施設

山梨県内には次のような視覚障害者のための更生施設はありません。更生施設を利用するには、手帳の取得が必要です。

 

□国立職業リハビリテーションセンター普通課程

359-8555埼玉県所沢市並木4

・メカトロ系:機械技術科、電気機器科、テクニカルオペレーション科

・デザイン系:インテリアデザイン科

・ビジネス情報系:OAシステム科、経理事務科、OA事務課、オフィスワーク科、DTP-web技術科

・職域開発系:職域開発科、職業実務科

 

OAシステム科の専門コースとして、視覚障害者情報アクセスコースがあります。視覚障害者用アクセス機器(拡大読書器・点字ディスプレイ等)及びアクセスソフト(画面読み上げソフト・画面拡大ソフト等)を活用して、パソコンによるビジネスソフトの利用を中心とした事務処理に必要な知識・技能を習得します。企業、オフィスにおいて視覚障害者支援機器を活用した事務業務での就職を目指します。受験可能な資格としてはコンピュータサービス技能評価試験などがあります。

 

各科の訓練期間は、原則として1年間です。このほかに短期で就職を目指す方を対象とした6ヶ月の訓練コースもあります。なお、就職が内定するなど、訓練の目的が達成されれば受講期間の途中で早期に終了することができます。

 

窓口:A ハローワークから直接入所する場合は、各ハローワーク

B 国立障害者リハビリテーションセンターを経由する場合は、同センター自立支援局

電話:04-2995-3100

 

□社会福祉法人 日本盲人職能開発センター

160-0003 東京都新宿区本塩町10- 3

電話:03-3341-0900 Fax03-3341-0967

E-mail: moushoku@os.rim.or.jp

 

URLhttp://www.os.rim.or.jp/~moushoku/

 

・事務処理科

・視覚障害,就労支援者講習会