Skip to main content

山梨県視覚障害を考える会 

     私たちができることはないか考えよう Since 2011.1.20

ホーム  山梨県視覚障害を考える会とは  くらしの情報集  Functional Vision Score資料  お問い合わせ  サイト マップ  メンバーのログイン  リンク  更新履歴  ダウンロード   
はじめに
全人に対するインパクト
医師の裁量は許されるのか?
英国の制度から学ぶ
インペアメントとディサビリティ
WHOの統計にも則している
ロービジョンの定義
1mロービジョンチャートを用いる
日本の視力等級とFAS
よい方の眼か加重平均か
日本人の標準視野
GoldmannIII4eと相応する静的視野
Colenbranderの静的視野の考え方
Colenbrander-KamoFVS計算シート
中心暗点ルール
神経眼科的問題点
ICDコード
FVSとリハビリテーション
FVS とQOLに関する論文集
VFS測定のためのオーバーレイ
第66回臨床眼科でのFVSインストラクションコース
FAQ集
第1回FVS基礎と発展学習会151120
第2回FVS基礎と発展学習会160825
FVS研究会へのお問い合わせ
「全人に対する影響につき、科によって異なるのか」

1.科によって違うようです。「痛み」については、どんなに痛くて、何もできなくても最高で3%のレートしかつかないようです。

全人への影響というのも、米国では全盲でこそ85%の障害ですが、

眼への50%の障害は全人への50%の障害ということも述べており、眼が人に及ぼす影響が大きいということを、ガイドは認めており、日本でもそこまで考慮してほしい。(自立支援法にも考慮がほしい。)

他の科との比較のPDFご覧ください。たとえばペースメーカー後の人の評価も日本とは異なります。

 ガイドの級をつける前に現代における最高の医療を受けてなおかつ残る障害ということが前提となるそうです。日本には更生医療というのがあって、治療を受ける余裕のない人がまず、身体障害者の級をとってから、その級を改善するための医療が認められていますが、これはないようです。